face

地盤改良の問題

地盤改良の危険

地盤は嘘をつけない。

「大丈夫です」が危険です・・・・・

欠陥住宅のほとんどは、安易な地盤改良・補強工事に原因があります。 安易な地盤改良・補強工事には落とし穴がいっぱい。。


軟弱地盤だった場合、地盤の補強工事をしているにも関わらず、実は火事よりも多いのは地盤事故だということを知っていますか? せっかく地盤改良・補強工事しても不同沈下で家が傾いてしまっては欠陥住宅と同じです。 目には見えない地盤の中だからこそ、本当に家を支えてくれる地盤改良・補強工事を選ぶ事が必要です。

地盤は本当に強くなっているのか?

地盤改良・補強工事をしても、地盤事故が発生してしまうケースが数多くあります。
安心して暮らせるお住まいのために、地盤補強の方法も十分に考えることが必要です。

ベタ基礎、表層改良の事故

家の下を固めてしまえば、家と地面が接する面積が増えて、安定すると思われがちです。
しかし、上図のように家の下で軟弱層の厚さが急変しているような場合には、 セメントで固めて重くなった分、逆に傾きやすいと言われています。


セメントが十分に固まらないケースも?

土の中に存在する葉っぱなどが腐ってできた腐植土とセメントの相性は悪く、十分に固まらないことがあると言われています。


固い地盤に杭が届いていない場合も!?

土の中の深くにある固い地盤まで杭を打ったと考えていても、 軟弱層の起伏等の原因で、届いていないことも想定されます。


柔らかい地盤と固い地盤の厚みが違えば摩擦も違う!

火災事故は1,000件に対し4~5件程度発生するのに対し、 地盤事故は1,000件に7件以上も発生しています。
事故が起こった場合の損害額は統計によると、 平均して1事故あたり約566万円の補修費用が発生します。
住宅品質確保促進法が施行されてから、地盤事故に対する補償制度が確立され、その実態が明らかになっています。
したがって、今後地盤事故の発生確率は、既存の工法の問題からますます増えることが予想されています。


将来の補償はできるのでしょうか?

家を建てた後に建物に関しての性能検査はほとんどの会社がされていると思われますが、 その建物を支える地盤に関しての十分な性能検査は一般の住宅地盤改良では行われていないのが現状です。

一方、公共工事では地盤改良後、性能検査が義務付けられております。品質不良問題が騒がれる中、住宅地盤改良後に、性能検査が行われていないことは、 事故増加率に拍車を掛ける可能性があると示唆されています。

そして、地盤保証制度の中には保険会社のついていない、 地盤改良を施工した会社が自社保証をおこなっている場合もあります。 その場合万一その会社が倒産した場合には、事故が発生しても保証がおりなくなりますので注意が必要です。

ページの先頭へ